自分でリノベーションを行う際の基礎知識

マンションや一戸建て住宅の持ち家を所有されている方や、各物件のオーナーとして賃貸住宅をお持ちの方の中には、住宅の経年劣化や、より一層住みやすい環境作りを行うことを目的として、リノベーションを施す場合があります。
リノベーションは一般的に広く認知されているリフォームと似ている部分を持っているのですが、その範囲が広範囲に及んでいるものを指しており、大規模改修となるものを言います。
そんな中、リノベーションを自分で施工することを希望している方も存在しているのですが、工事を行う際には一定の基礎知識というものが必要になります。例えば室内の間仕切りに関しては、比較的自由に撤去したり、新しく設置することも可能とされているのですが、構造上で重要な柱や梁に関しては、手を加える場合では、常に耐震性を考慮しなければなりません。また、水道管やガス管などの設置、若しくは移動に関しても素人では施工することが難しい項目になるために、プロの専門家に依頼をすることが必要になります。
例えば床面の下側に配置されている各種配管類については、マンション等の集合住宅では、場合によっては規制されている内容とされていることも多く、事前に調査を行うことが必要になります。
室内に関しては、比較的自由に施工することもでき、床材や壁材などを張り替えることについては問題が生じないことが一般的です。
一戸建て住宅の場合では、外壁や屋根の張り替え等、住宅にとって大切な部分がありますが、こちらも事前に一定以上の知識を持って施工することが大切です。

リノベーション住宅を売買する際の注意点

中古物件を購入してリフォームやリノベーションを行う人が増えていますが、リノベーション済みの住宅を購入する場合には注意が必要です。購入してから改修工事を行う場合には、表面上の不具合を改善できるだけではなく、構造体など目に見えない部分に関しても手を加える事が可能です。
購入後に改修工事を行えば健全な状態を維持することが可能ですが、リノベーション済み物件の売買では目に見えない部分の劣化状況を確認することが注意点となります。
マンションなどの鉄筋コンクリート造であれば構造体の耐久性や強度が高いため特別気にする必要がないと言えますが、木造の場合には腐食や劣化による強度不足が発生している場合もあるのです。
リノベーション済み住宅といっても基本的には表面上の改修工事しか行っていないのが現実ですから、構造体の状態が年数相応の程度となっているか判断する必要があると言えます。
中古物件は物件ごとに状態が異なりますが、目に見える部分が綺麗になっていると良い物件のように感じてしまいます。リノベーション済み物件の売買では、見た目の良さを重視せずに築年数を重視して選ぶことが大切です。
構造体に手を加えていない建物は、築年数がそのまま建物の劣化状態を表す目安となりますので、見た目が綺麗だからといって古すぎる物件は避ける必要があります。
木造の場合であれば湿気や風通しの良さによって構造体の劣化が異なるため、通風や採光の良い物件を探すことが大切です。

リノベーション業者の選び方

リノベーションを行うには施工業者を選ぶ必要がありますが、選び方が分からないという人が多いはずです。
特に悪質な施工会社が多いのがリフォーム業界の特徴ですから、企業の信頼性を重視して選ぶことが大切です。
リフォームを専門としている企業の場合は、施工方法や施工技術、斬新な設計プランなど自由度の高い工事を行うところが多く、設計内容が魅力的なケースがあります。
しかし実際に工事を行ってみなければ分からない部分が多いため、リノベーションに対する経験を重視する必要があります。リノベーションでは既存の構造体を利用して工事を行うため、建築構造に対する知識が必要になってくる場合があります。
建築士のいないリフォーム専門会社の場合には、構造体を無視した設計プランで施工する場合もありますので、設計事務所など知識と技術の確かな業者を選ぶことが大切です。
信頼性を判断するのは簡単ではありませんが、建築業界でも建設業許可を取得して営業するのが普通です。建設業許可を取っていない企業は、公的に能力が認められていない会社になりますので避けたほうが良いと言えます。
新築や増築の場合には全てを新しく作り変えるわけですから、各部の収まりが良く不具合が発生しにくいのが普通です。
リノベーションの場合には既存の構造体を利用して内部だけを新しくするため、場所によっては収まりが悪く不具合が発生する場合があります。不具合があった際にすぐに駆けつけてもらえるように、自宅から近い業者を選ぶことも大切です。

Powered by Wordpress. Redesign Theme by Robert Toth